泡沫webディレクター お仕事日記
大阪と神戸でwebディレクター・デザイナー・その他色々やっている「Sponge Design スポンジデザイン」のブログです。

納品後の振り返りミーティング

comments: 0

気候ネットワークさま振り返りミーティング
先週、自分がプロボノワーカーとして参加した気候ネットワークさまで「同窓会という名の振り返り共有会」がありました。
納品は去年の4月だったので、リニューアル公開してからほぼ1年というタイミングです。

事業計画案の振り返り サイトリニューアルの前にも事業計画立案プロジェクトがあったそうで(こちらには私は参加していません)、ミーティング前半は2つのプロジェクトでの目標と現在の状況を数値なども含めた資料をスライドに映してご説明をいただきました。
納品後にお客さんから振り返りミーティングを提案していただいたこと自体が初めてだったので、それだけでも感動していたのですが、リニューアルの前後をきちんとご説明していただけたことはとても有意義でした。

ワークショップ 後半は、前半に示された結果をふまえて、できていること・できていないことを参加メンバーそれぞれが出しあうワークショップを行い(これも気候さん主導でした。机に付箋があるのであれ?とは思いましたが… まさかのKJ法とは)、プロボノチームからは「オススメの提案」を、気候ネットワークさ­まからは「チャレンジ」を発表しあって閉会となりました。
(さっきサイトを見たら、提案したことがもう実装されてました。速い!)

チャレンジ案決定 サイトリニューアル自体もとても良い経験でしたが、その後には対価が発生する仕事のご依頼をいただいたり、このように振り返りを共有していただいたり、と、さらに良い経験を積ませていただきサービスグラントさまと気候ネットワークさまには大変感謝しています。

さらに、今春からは私が専門学校でwebデザインを教えている学生たちがプロボノに参加することになりました。
私は制作自体はしませんが、学生たちのバックアップとして裏方で参加します。
学生のうちに良い経験をして、はばたいてね〜。


■おまけ
kiko_furikaeri05ミーティング後の乾杯!


Posted by sponge design on 3/21, 2015 :: Categories 仕事


昨日、思ったこと。

comments: 0

昨日、考えがまとまらないけど表に出してみる。を読んで、思ったこと。

実は私も…

最近、「教えること」を本業のひとつの柱にしようかなと考え始めたところでした。

クライアントには、社内に専門のデザイナーがおらず、社員さんが自分の業務と並行してwebを含めた広告物をがんばって作っておられる、というケースがよくあります。

これまでもwebサイト制作のやりとりついでにご担当者からお悩みを伺ったりはしていましたが、納品が終わってしばらくたってしまったら、そのサイトに関する質問や依頼がないのに関係ないことだけを質問する、というのはなかなかしづらいと思ってらっしゃるのはわかっていました。(私はウェルカムなんですが)

ところで、少し前に長いおつきあいのあるクライアントから
「社内で独学でデザインをがんばってくれている人がもうちょっとスキルアップしたいようだが、そういうことが習えるスクールを知りませんか?」
という内容のご相談を受けました。
ご担当者ご本人以外からこのような相談は始めてでした。

ちょっと調べたところ、プロのデザイナーを「目指してない」人のためのスクールは見つけられず。
もっと探せばあったのかもしれませんが、スクール・学校は基本的に決まった時間に通わないといけないですよね。
プロになりたいわけじゃない人がそこまで費用と時間をかけるか、というと… きっとtoo muchなんだろうな、と。

ならば。
フリーランスなら時間の融通もきくし、知りたいことだけピンポイントでお教えすることが可能なんでは、と思ったわけです。
webや印刷物にかぎらず、企画書だってなんだって「もうちょっとかっこよくしたい」というご要望ってけっこうありそうな気がしています。

身近には、制作会社に依頼せずに社内でwebサイトを制作されている(ブログだけというのも含めて)ケースもよくあるのですが、今までは相談があればお答えするという姿勢でした。
でも、ある程度系統だてて基礎からご担当者にお教えしたら、いちいち悩んだり私に相談したりしなくて良くなって、結果的に時間や経費の節約になるかもしれません。

年が明けて、そんなことをまとまりなく考えていたところで、でぐちさんの上記記事を読みました。(やっと戻った)

読んで気づいた

私は上記のように、お教えする対象は社会人だと思い込んでいましたが、主婦や学生を対象にっていう理由を読んで、そういえばそうやなと。

去年から専門学校で講師をやらせていただいていますが、はじめは生徒さんたちはデジタル・ネイティブだからwebもITもみんなバリバリなんだろうと思いこんでいました。

でも見ていたら、これまでに学校で教えてもらっていてもフォローが必要な人がけっこういるのだな、と気づいたのです。
(毎日のことなのでPCはすぐ使えるようになります。デジタル・ネイティブだからというより若いからかも)

それでも次世代を担う学生さんたちはwebやITを活用していかなくてはいけないし、私も活用していって欲しいと思っています。
だから、学生さんを対象にっていうのはとてもいいなぁと。

主婦についても、まぁ自分(既婚)も働きやすいから自宅フリーランスを選択しているわけなので。
先日「ウェブ業界と女性の活躍 -ウェブコンサルタントサミット002-の「開催背景」を読んで、改めてなるほどなーと思ってたところです。

そのように違う時期にバラバラに、漠然と思っていたことが、昨日しゅーっとひとつにまとまりました。

では、やってみよう。

まずは業務案内に「社内ご担当者様 スキルアップのお手伝い」の項目を増やしました!
web運営のコンサルではなく、デザインの基礎やサイトの効率的な更新方法、アプリケーションのTipsなど、日々の業務に効くものを目指しています。

学生さんや主婦の方もご依頼があればご参ります。
が、いきなりマンツーマンに近い形だと色んな意味で依頼しづらい気もするので、まずはまとまった人数を集められるようなサービスを考えた方がいいかもしれません。

皆様よろしくお願いします。

でぐちさん、考えるきっかけを作っていただいてありがとうございました。
今年の目標がひとつ、できました。


Posted by sponge design on 1/8, 2015 :: Categories 仕事


新名刺はプラッチック

comments: 0

新しい名刺を作りました。
一度使ってみたかったプラスチック製です。

2012名刺 macの上

クリア〜



某印刷会社さんにサンプル送付を依頼したのですが、一ヶ月以上たっても届かず待ってるうちに名刺がなくなりそうだったので、別の会社にぶっつけでデータ入稿しました。

白色を敷いてから印刷するタイプではなくクリアタイプにしたかったので、きっと背景色はイラレ上で見るより薄くなるだろうと予想、また透過部分の文字が見えるために必要な濃度差がわからなかったので、最初に作ったデザインから濃度を1.5倍にして、文字も少し大きくしました。
結果、期待通りにできて良かった良かった。

2012名刺 机の上

ほぼ思い通り



目を皿のようにして↓サンプル写真を見て調整しましたが…。
Dreamweaver CS5.5で作るjQuery Mobileを組み込んだスマートフォンサイト制作」のスライド
  • 西畑一馬のjQuery Mobileデザイン入門
  • CS5.5はまだ購入していないので、とりあえず試用版をダウンロードして制作開始。
    静的なページを制作するには上記サイトの情報で十分でした。

    Read All »


    Posted by sponge design on 6/22, 2011 :: Categories 仕事
    Tags :: ,


    デザイナーのFlex画面デザイン・コーディング vol.2 Flash Builder 4の場合(3)チェックボックス/ラジオボタンカスタマイズ

    comments: 0

    ボタンカスタマイズ編の続きです。
    今回ちょっと困ったのがチェックボックスとラジオボタン。
    どちらも以下が条件です。

    1. ラベルが可変なので、配置するmxmlでサイズ指定をする
    2. ラベルの文字だけではなくて背景ごとマウスに反応させる
    3. 選択/未選択が判別できるように表示を変化させる

     ↓こんなのを作りたい
    カスタムチェックボックス

    条件1を実現するためには、Flash Catalystで作ったオリジナルのチェックボックス/ラジオボタンは使えません。
    ラベルの文字ごと1つのスキンになってしまうのと、背景画像の幅と高さでサイズが固定されるからです。
    角丸にしたかったので、サイズを変更すると角がいびつになってしまいます。

    また、Flash Builderのチェックボックス/ラジオボタンコントロールを使うと、マウスに反応するのがラベルの文字上だけなので、条件2を実現できません。

    うーん… と考えて、とりあえず前記事の「アイコン/画像をラベルにしたボタンの場合」と同じくスキンを編集してみることにしました。

    Read All »


    Posted by sponge design on 3/10, 2011 :: Categories 仕事
    Tags ::


    デザイナーのFlex画面デザイン・コーディング vol.2 Flash Builder 4の場合(2)ボタンカスタマイズ

    comments: 0

    レイアウト編の続きです。
    ボタンのデザインカスタマイズについて。

    アイコン/画像をラベルにしたボタンの場合

    前回のプロジェクトの際、「好きなデザインでボタン作りたいけどわからん」と訴えたらプログラマ氏が以下のサイトからソースを収集して「参考に」と送ってくれました。
    Source of Sample-Flex4-Skinning-ButtonWithIcon
    ※ソースはマウス右クリック→「View Sourse」でダウンロードできます。

    src/skins/にあるスキンを眺めて、「CloseButtonSkin.mxml」を編集してみました。

     ↓ノーマルだとこんなボタンを
    ノーマルのボタン
     ↓こんなのにしたい
    カスタムのボタン

    もちろん、ステート(マウスアップ/マウスオーバー など)で背景色・ボーター色も変更されるように。→ボタンのデモ

    Read All »


    Posted by sponge design on 3/8, 2011 :: Categories 仕事
    Tags ::


    デザイナーのFlex画面デザイン・コーディング vol.2 Flash Builder 4の場合(1)レイアウト

    comments: 0

    Flash Builder4が出てからのコーディング方法をまとめようと思っているうちに月日は流れ…。

    先日からまたFlex4/Flash Builder4でコーディングしているので、忘れないうちに現在の方法をまとめます。

    実は、最初は試しにFlash Catalystでちょっと画面遷移の効果も入れて制作してみたのですが、プログラマにダメ出しされてしまいました。
    確かに、ソース見ても全てのステートがMain.mxmlにごちゃっと入っていて整理されていない…。
    また、Flash Catalystに読み込んだPhotoshopのレイヤ名に日本語を使っていたらソースにそのまま入っているし… こらーやりにくいやろうな、とは思いました。

    Catalyst→Builder4へスムーズに渡せるデータを作る知識がないこともあって、やっぱりFlash Builder4でコーディングし直すことにしました。

    Flex3(Flex Builder3)で制作していたときに一番時間がかかった「コントロールごとにcssで変更出来る要素を探すこと」は、「Adobe® Flash® Platform 用 ActionScript® 3.0 リファレンスガイド」で検索できるようになってだいぶ効率アップ。(2011-06-27 ページタイトル/リンク先が変更されていたのに合わせ修正)
    ただし、外部cssファイルに書いて反映されるかどうかは、相変わらずやってみないとわかりませんが…。

    以下、前回と同じく全くの自己流ですので、間違い・勘違いの部分やもっと効率的な方法をご存知の方はご指摘いただければ幸いです。


    Posted by sponge design on 3/4, 2011 :: Categories 仕事
    Tags ::


    10万円でサイトを作れと言われたら

    comments: 4

    以前の記事で似たようなことを書いたのだけれど、リニューアルにしろ新規制作にしろ、いまだに「予算は10万円以下」と言われて説得しなきゃいけないとか、「知り合いだから安くやったって」と社内の(!)営業に言われた…とか、そんな話をよく聞くので、自分が今そういうことを言われたら、どう返すかなーと考えてみた。

    お客さんの言い分は「ホームページ作るのになんでそんなにお金かかるん? 誰でも作れるやん。」みたいなことだとして、

    本当に10万円しか出す気がないお客さんの場合

    私の返答:
    「ただホームページがあればいいのでしたらできますよ。
     公開後に「問い合わせがない」とか「検索で1ページ目に出ない」とか
     言わないでくださいね。
     もし、更新のご依頼が有る場合は、都度見積もりさせていただきます。」

    で、テンプレート買ってロゴだけ差し替えるみたいなサービスとか、無料ブログとかでちょこちょこと作る。
    先方の要求を満たして自分も損しない。

    しかし、作業範囲記述書に印鑑もらっとかないと、後からトラブルになりそうな予感。
    こういう「ただあるだけの意味がないサイト」の後始末は、いつか他の人がやらなくちゃいけないハメになると思うので、できれば自分は案件自体をお断りしたい。


    説得の余地がありそうなお客さんの場合

    私の返答:
    「御社で、これからホームページの更新担当者として誰か雇ったと仮定してください。
     そうしたら、知り合いから
      “ちょっとできる子いるんやって? うちのもちょこちょこっとやってや。
       知り合いだから安くできるやろ?”
     と言われたらどうされますか?
     社員1人分のお給料は御社で出しているのに制作費はもらえないっていうことが普通でしょうか?」

    いやいや、これだと工数だけの話になってしまうな。もっとプロが作ったものの価値をアピールするには…。

    「インターネットはバーチャルじゃなくて、リアルの世界と同じです。
     みなさんどう事業に活かせるか考えて、お金も時間もかけて取り組んでおられます。
     なのに御社だけが考えなしで作ったもので対抗して勝てるわけがないですよね。
     だからといっていきなり何100万円もかけなくても改善できることはあります。
     優先順位をつけてやっていきませんか?」

    って感じかなぁ。
    で、10万円分の何か(キーワード、内部テキストを見直すとかテーブルコーディングだったらcssコーディングに直すとか)作業するとか、
    アクセス解析見て改善提案したりとか。


    しかし、社内の人に理解がない場合、もっと大変そうだな…。


    Posted by sponge design on 2/22, 2011 :: Categories いろいろ,仕事


    デザイナーのFlex画面デザイン・コーディング vol.1 Flex Builder 3の場合

    comments: 0

    アクセス解析を見ると、Flexの画面デザインに関連したキーワードで検索されている方がいらっしゃるようなので、まとめてみました。
    ただし、自己流です。エレガントじゃないです。

    クライアントから画面デザインを依頼された後に、mxmlとcssでコーディングするところまでしてほしい、とのご依頼をいただいたのは今年の2月頃。
    私はFlash使うことすら苦手で写真流すぐらいの簡単なムービーしか作れません。自分でASは書けません。のレベルです。

    htmlに似た書式のmxmlという言語にcssでデザインする、というぐらいはちょっと調べればわかりましたが、オリジナルデザインの画面を具体的にどうやってコーディングしたらいいのか、ネットで何時間も探しました。
    ボタンひとつを変更、とかじゃなくて、ほぼ全てのパーツをデフォルトスキンのhaloとは違うデザインに変えたかったのです。

    当時のことはこの辺りに書いていますが、プログラマ向けの情報はそれなりに見つかるのですが、デザイナー向けの情報ってほんとに見つからないのです。
    Adobeのデベロッパーセンターの内容は素人にはさっぱりわからんし。

    で、結局、力技でやりました。


    Posted by sponge design on 10/6, 2010 :: Categories 仕事
    Tags ::


    デザインしてない今日この頃

    comments: 0

    前職場を退職してから、仕事でデザインしてないなぁ。
    自分の仕事用サイトだけかもしれない。
    これはなんとか盆前にオープンして、全然内容が足りてないので日々追加修正している途中。

    今のところ、業務の中心はコーディングとシステム設計になっております。
    コーディングって見ず知らずの人に頼むのはギャンブル性が高いというかハードルが高い。
    私も前職場では発注側だったので(結局は予算等の条件が合うところが見つけられなくて社内でやっていたけれども)望んでるところはわかる。すごいわかる。
    知人でお互いのデザイン上のこだわりも知ってて、一から十まで説明しなくても「この辺適当に」で対応してくれれば最高なんである。
    なので、私もその「最高の」パートナーになれればいいなと思ってぱちぱちとタイプしている。

    コーディングついでに最近PHPデビューもしましたよ。
    まだまだ本見ながらフリーのスクリプトをカスタマイズする程度だけれども、趣味のサイトでやるのと仕事でやるのとでは全く違うもの。

    システム設計は、「忙しいから手伝ってほしい」とのご依頼をいただいたのだけれど、プログラマでもSIerでもないので超自己流。
    先日おそるおそる見ていただいたら、なんとか使えるようなものにはなっているようで、もう少し詳細なところもやってみて、と追加ご依頼があって良かった…。

    昔々、大学の文系学部を卒業した新卒が100人ばかりプログラマとして採用された企業で、「プログラムは文系の学生の方が向いている」と言われたことを思い出しては励みにしている。

    Flexのデザインについては、資料も少なくて自分のやり方がいいのかどうかは自信がないままなのだけれど、ここに検索で「Flex デザイン」で来ている方がチラホラいらっしゃるようなので、近々私のやり方について書くつもりです。


    Posted by sponge design on 8/21, 2010 :: Categories 仕事