泡沫webディレクター お仕事日記
大阪と神戸でwebディレクター・デザイナー・その他色々やっている「Sponge Design スポンジデザイン」のブログです。

コンデジ買い換えました

comments: 0

秋に突然EXILIMが壊れまして(2年もたなかった… 今までで最短寿命)、カメラに詳しい知人に↓の条件で聞いてみたところ、
・コンデジ
・室内の猫撮りがほとんど
・猫撮りでフラッシュは使いたくない
価格帯ごとにおすすめ3機種を教えていただきました。

で、中間価格かつ「レンズがあかるいので室内でもフラッシュなしでいける」というNikion COOLPIX P310に決めたのですが、なまじHTC Jのカメラ性能がいいもんで、ちょっと不自由だなぁと思いつつ猫ブログはなんとなくごまかしつつ月日は流れ、年末ギリギリの12/29、そろそろ底値っぽいので買いました。Amazonで1.5万ちょい。安い! 到着は31日。早い!
COOL PIX P310
フラッシュが飛び出すレトロな外観がとてもいいです。

コンデジ6台目ですが、いつもほとんどオートのままでなんでも撮るド素人のわたくし。
ところがP310は絞りやシャッタースピードを簡単に調節できるのが売り。
そして教えてもらっていた情報通り、開放F値とやらが1.8なので、すんごい明るいです。

たとえば電気つけてない部屋でスマホで撮った写真がこれ。

P310のオート設定で撮った写真がこれ。

自分の目ではスマホ写真と同じように見えているので、見えないものが写っているという不思議さ。

マクロにして絞りを開けると背景がボケた似非デジイチ風味のオサレ写真が撮れる…かもよ…。


オートでは猫が顔を洗ってる写真はブレるのは当たり前。
シャッタースピードを調節してみたらブレません。当たり前?

そんな風に細かく設定できる仕様のせいか、これまで通り「なんでもオートまかせ」では出来がイマイチ。
撮る前にちょっと考えて設定しないとハマらないなーという難しさは感じます。
↑の写真でも、ピンが甘いのや暗いのは私の腕のせいです。まだうまくいかないぜ~。

色調は、EXILIMやその前のLUMIXがちょっととってつけたようにビビッドだった(だから猫も人間もみんな元気に見える)のに比べてかなりナチュラル。
でも、電球色は自動で補正しているらしく、これまでうちのリビングで写真撮るとたいてい黄色くなっていたのもナチュラルです。

なんにせよもう少しいい写真が撮れるようになるためには修行が必要のようです。

しかし、デジカメは買い換えるたびに画素数がアップするのがいつも悩み。
猫ブログに1600万画素はtoo muchなので、ふだんは4Mのfine設定で使う予定です。

※この記事内でP310で撮った写真はサイズ縮小以外の加工はしていません。


Posted by sponge design on 1/2, 2013 :: Categories いろいろ
Tags :: , ,